女性看護師の出会い事情

女性看護師のあるあるを象徴する言葉として、3分の1の法則というワードが挙げられます。これは女性看護師の約3分の1は生涯独身になってしまうという意味です。

ちなみに他の女性看護師は、結婚できたにもかかわらず離婚してしまう人が3分の1で、離婚することなく結婚生活を持続できている人が3分の1という割合になっています。
経済的にも安定しているはずの女性看護師が、どうして3分の1も生涯独身でいるのでしょうか。それは女性看護師は男性医師との出会いが多いことが原因の1つとなっています。

日頃からハイスペックな男性医師を間近で見ているため、一般企業に勤務する男性会社員と知り合いになっても、あまり恋心がなびかない傾向があるのです。しかし女性看護師と男性医師の数は同じではありません。
結婚するなら男性医師がいい、という願望を持ち続けたまま年を重ねる女性看護師が増加した結果、3分の1が生涯独身になるという法則が生まれたのです。

また独身女性看護師に出会いの場を提供するため、看護師と同じくらい勤務形態が不規則な警察官との食事会を開催する大病院も増加しています。そのため男性医師との結婚に見切りをつけた独身女性看護師が、警察官とお付き合いを始めるケースもあるあるなのです。

ちなみに警察官は恋人ができるとその恋人の名前や勤務先を上司に報告し、特定の宗教団体とのつながりがないかや、過去に犯罪歴はないかなどを調べなければならない規則になっています。警察官とお付き合いするということは、身辺調査を受けることとイコールであることを理解しておきましょう。