独身ナースに最適な手術室でのキャリアアップ

独身の女性看護師は仕事の時間を比較的柔軟に決めることができるのが特徴で、結婚生活を送っている人に比べて有利な面があります。
それを活かしてキャリアアップを目指していくのは合理的な方法でしょう。

結婚した女性看護師では担うのが難しい仕事を担当することで、キャリア的に競争する相手が少なくなるだけでなく、医療全体への貢献度も高まります。そのキャリアを作り上げていく方法として、手術室勤務を選択して指導者あるいは管理職を目指すのも魅力的な方法の一つです。

手術室は早朝から深夜過ぎまで使用していることが多く、看護師の補助は常に必要になります。交代制で勤務することになるものの、早番や夜勤の回数もかなり多くなるのが通例です。
また、休日も手術をすることがよくあるため、休日出勤も多くなる傾向にあります。そのため、独身でないとなかなか都合よく働くことができず、手術室勤務でキャリア形成を始めた看護師も結婚してから他に移ることが多くなっています。

このような現場でずっと働いていると色々な種類の手術の補助を経験することができ、幅広くどの診療科にも対応できるようになっていきます。どんな手術になっても適切な補助ができるようになると、やりがいも大きくなるでしょう。
そして、その経験によって現場の指導者としての地位を獲得することもできます。さらにポジションが空くタイミングがあれば、手術室の看護師チームのリーダーになれる可能性も高いでしょう。